[水木しげるロード境港市]は隅々まで妖怪がいっぱい!行った感想とオススメポイント

こんにちは!Tomです^^

小さい頃から見ていたアニメ

「ゲゲゲの鬼太郎」

小さい頃は妖怪が怖かったのをよく覚えています

最近、アニメが現代風にリニューアルし

日曜日に放送されていますよね〜

ねこ娘のスタイルがよく、スマホを使っている事が

ネット上でも話題になりました^^

私もはじめ見た際はびっくりしましたが・・

毎週見ていると慣れました(笑)

ゲゲゲの鬼太郎の町(境港市)

水木しげるロードに行った時の感想を書きつづります^^

水木しげるロードは境港駅(鬼太郎駅)から始まっている!

 

私は友人と一緒に車で行ったのですが

境港駅周辺にも行ってきました^^

一番目に止まるのはドーンと壁に描いてある

「妖怪壁画」

大きさは縦7.5m、横20.25mとびっくりする大きさです

水木しげる先生のオリジナル作品だそうで

しっかり目に焼き付けてきました^^

 

駅周辺にも妖怪がいっぱいで

電球が目玉のおやじになっていたり・・

郵便ポストの上には鬼太郎のブロンズ像が^^

ついパシャパシャカメラ撮ってしまいます^^

 

妖怪列車も・・・鬼太郎ワールド!

 

 

今回は砂かけばばあと子泣き爺列車でした〜

 

他はどんな列車があるか調べてみると

ねこ娘・鬼太郎・目玉のおやじがありました

時間帯によって通る電車が違うみたいです

時間帯が記載してある紙があるので

要チェックです〜!

 

今回は初めて行ったので

水木しげるロードをじっくりと進んでみました^^

お目当ては水木しげる記念館と目玉のおやじのお菓子!

ねずみ男に遭遇〜!

 

進んでいると・・・

ねずみ男に遭遇しました〜

妖怪たちはフラ〜っと現れるので

正直びっくりしちゃいます(笑)

そして、ねずみ男の近くには・・・

鬼太郎の家!!

これには感激^^

中は公衆電話というユニークな造りでした〜

 

隅々まで妖怪がいて見どころ満載!

 

写真を撮りながらゆっくり進んでいると

一つ気付いたことが・・・

それは電球やトイレマーク、小さいマンホールなど

隅々まで妖怪仕様になっていたこと!

鬼太郎電球

一反木綿電球

鬼太郎とねこ娘のトイレマーク

可愛いですよね〜!

小さいマンホール

 

 

見つけた時は「ここも妖怪だ〜」と

つい無邪気になってしまう私でした(笑)

スポンサードリンク

水木しげる記念館へ・・・!

 

お目当ての水木しげる記念館へ到着!

さすがにここは混み合っていました〜

水木しげる記念館の入館料は

一般 700円

中高生 500円

小学生 300円

お金を払うだけあって見どころ満載でした^^

私的に気に入ったのは

各妖怪の秘密がパネルにしてまとめてあったところ

アニメだけでは到底わからない情報ばかりで

とても楽しめました^^

著作権があるので画像掲載はできないのですが

水木しげるロードに行く際には

寄るべきポイントだと思います^^

妖怪食品研究所へ・・・!

 

名前からすごーく怪しいのですが

ここが行きたかって2つ目のところでした^^

場所は水木しげるロード記念館のとなりです

 

行列ができていたので並び・・・

妖菓 目玉おやじをGET!

通信販売もされておらず

この世でここだけ!が売りの

お菓子屋さんです^^

行ったからには食べないともったいないですよね

お値段 1本 350円

リアルすぎで

本当に食べ物なのか・・・

っと思うほどよくできています!

味はというと・・

中にはこしあんが入っていて

あまーい和菓子でした^^

一つ一つ手作りされていて

数に限りがあり、売り切れの場合もあるようですのでご注意!

 

どんなお菓子やさんなんだろうと調べてみると

茶処菓子処 松江の老舗

「彩雲堂」さんが製造されているようです〜

ごちそうさまでした^^

ゲゲゲの妖怪楽園では・・

射的やくじ引きなど子供たちも遊べる妖怪楽園!

家族連れも多く賑わっていました^^

そこでは、鬼太郎のラテアートを購入!

友人とともに、鬼太郎・ねこ娘を注文しました〜

すごーい!今の世の中の技術ってすごいですよね

大げさですが・・・(笑)

とっても温まりました^^

 

まとめ

いかがでしたか?

水木しげるロードは隅々まで妖怪で溢れていて

とっても楽しかったです〜

大人も子供も楽しめます!

また行けたらいいな^^

 

ちなみに帰りは境港市場に寄って

海鮮丼を堪能しました〜

すごい人が多かったですが

とっても美味しかったです!!

水木しげるロードから近くなので

ぜひ行かれてみてください^^

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です