[中谷美紀結婚]達筆すぎて読めない手紙とは?書道は何段なのか調査!

こんにちは〜!Tomです^^

中谷美紀さんがご結婚されたという

嬉しいニュースが飛び込んできましたね〜!

 

 

お相手は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラの奏者を務める

ドイツ出身のティロ・フェヒナー氏(50)

まさに美男美女です〜〜!!


中谷美紀さんがマスコミ各社に宛てた手紙の字がすごく達筆

話題になっているので調査してみました!


中谷美紀さんの達筆すぎて読めない手紙とは?


とてもお綺麗な字ですよね!!

中谷美紀さんはとても美人なので

美人で字も美しいなんて・・・

とむくん

まさに才色兼備ですね

このお手紙ですが、字が達筆すぎて読めない・・!

と言われているほどなんです^^

また、マスコミ各社にお知らせする際には

ワードの文章ではなく

直筆で書かれているところも素晴らしいですよね^^

 

朝の情報番組『とくダネ』ではこの手紙を紹介した

山崎夕貴アナウンサーも書道十段をお持ちのようなのですが

達筆すぎて読めない』と驚愕されていたとのこと

果たして・・中谷美紀さんは書道は何段なのでしょうか?

すごく気になります・・!

内容を解読してみると・・?

この達筆文章を解読した文章がこちら^^

謹んでご報告申し上げます!

 

初冬のみぎり、皆様におかれまして
ますますご清栄のことと拝察いたします。

 

さて、この度(私こと)ドイツ出身の音楽家
ティロ・フェヒナー氏と結婚の運びとなりました

一昨年に数々の偶然が重なって
出逢った(私共)は、芸術を愛し、自然に親しみ

旅を楽しむ心を分かち合うことで、絆を育んで参りました

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の楽団員として、
また、管弦楽アンサンブルフィルハーモニクスの一員として

オーストリアを拠点にヴィオラを奏でる彼を、
演じる者として、日本を主戦場とする(私)は、
互いの文化に敬意を払いつつ、

共に齢を重ねて参りたいと存じますので、
あたたかく見守っていただけましたら
幸いです。

 

末筆ながら、これよりの寒さ厳しき季節と
なりますゆえ、くれぐれもお身体
おいとい下さいますようお祈り申し上げます。

 

謹白

 

平成三十年霜月吉日

中谷美紀拝

文の内容まで丁寧て素晴らしいです・・・!!!

こんな文は経験を積んでいないと書けないのでは・・??

日頃からお礼のお手紙などを書かれているのかもしれませんね〜^^

 

『私のこと』 という文では文字を小さくして書かれていて

マナーの完璧さも伺えます・・・

まさに見本のお手紙ですね〜〜^^

スポンサードリンク

書道は何段なのか調査!

字もお綺麗なので、書道は何段なのか調べてみましたが

詳しい情報は確認できませんでした

新しい情報が入り次第更新させていただきますね^^

 

この字の綺麗さからしてもしかしたら

幼い頃から書道などを習われていたのかもしれないですね^^

 

書道家の方が

『姐御肌』『主張のハッキリした方』など筆跡から分析されていました^^

字は人を表すとも言いますからね〜!!

今はSNSやパソコン時代なので

こうやって手紙を書く機会がなかなかありませんよね><

手紙で気持ちを伝える大切さも改めて大事だなぁ〜

と感じました^^

まとめ

いかがでしたか?

字が綺麗な人はうらやましいですよね〜^^

綺麗すぎて達筆なんてかっこよすぎる!!

中谷美紀さんこの度はご結婚おめでとうございます

これからのご活躍も応援しています^^

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です