[嬉野温泉夏まつり花火大会2019]混雑回避や穴場は?駐車場についても

こんにちは^^Tomです

毎日暑い日が続きますね〜〜

夏バテ等にはお気をつけくださいね

さて、夏の風物詩といえばお祭りに花火大会!

楽しイベントがたくさんありますよね

今日は、佐賀県嬉野市で行われる

「嬉野温泉夏まつり花火大会」について

気になったことをまとめて行きたいと思います

嬉野温泉夏まつり花火大会2019 詳細

「第42回嬉野温泉夏まつり花火大会」

日程 2019年8月11日(日)

時間 20:30~21:15

会場 みゆき公園多目的広場

雨天時は翌日12日(月曜)に順延

 

打ち上げ数 2500発

打ち上げ時間 45分

有料席 なし

佐賀県の花火大会で人気度ランキング1位です

毎年、8月11日に開催されているのですが

今年は日曜日というのもありたくさんの方で賑わいそうですね〜〜

 

打ち上げ数も少ないですがどうして人気の花火大会かというと・・

メインプログラムとして西日本最大級のスケールを持つ

2尺玉が2発夜空に打ち上げられます

メイン会場では、観客のカウントダウンに合わせて打ち上げられるので

大盛り上がり!!

直径はなんと600mの見ごたえ抜群の花火です^^

私も実際に見に行ったことがあるのですが

会場で見る2尺玉の迫力はめちゃめちゃ凄いですよ〜〜〜

その時撮った動画がこちら!!

これはメイン会場で立って見たのですが

あまりの大きさにスマホ画面からはみ出してしまってます

会場からも歓声が上がっていますよね・・!!

本当、見ごたえがありますよ〜〜

猫くん

ちなみに、二尺玉の打ち上げ時間帯ですが

2017年は花火大会の終わり頃、21時すぎでした

だいたいそのくらいの時間帯で打ち上がるみたいです

 

この日は16時45分から様々なイベントがあります

イベント内容

・嬉野市民吹奏楽団

・F’s-1@dance(HIPHOPダンス)

・小森恵太(地元で話題のミュージシャン)

・KA-na.(シンガーソングライター)

・不知火太鼓

イベント盛りだくさんなので

早い時間帯からも楽しめますね!!!

 

花火大会の服装といえば浴衣ですが

特に花火大会デートでは好きな人に浴衣姿を褒めてもらいたい!!

なんて思いますよね〜〜〜^^

でも、浴衣の大敵といえば下駄><

私も浴衣で下駄を履いた時に足がめちゃくちゃ痛くなって

次の日にはマメができてしまったこともあります

そんな方にオススメなのが

「フカフカの下駄」

こんなかわいいのに

フカフカなんですって・・・!!

この下駄に出会っていたら、私も痛くならずに良かったのにと思いました

浴衣を着る機会があったら本気で買おうかなと思っています

事前に浴衣を見るのも楽しいですよね〜〜

 

穴場は?

嬉野温泉夏まつり花火大会は

前年4万6000人もの人が来られています

私も行ったことがあるのですが

海ではなく、公園での打ち上げとなるので

比較的遠くからも見えます

 

ですが、遠すぎると山に花火が隠れてしまう印象があります

オススメは

メイン会場のみゆき公園

有料席がないので、早い段階での場所取りが必要です

運動場のような砂場になっているので

レジャーシートを持ってきて座って見ている方がほとんどでしたよ^^

会場には周りに屋台もたくさん出店してますし

座って見れなかった人でも

立って見ることができます!!

実際に、私もギリギリに行ったのでメイン会場では座れなかったのですが

立って見ることができました^^

屋台もあるので、結構混み混みですが;;

 

また、地元の方の穴場として知られているのが

みゆき公園から離れたところにある展望台

「立岩展望台」

かなり山奥にあるのですが

この展望台からは嬉野市を一望できるので

花火もとっても綺麗に見えるとのことでした

駐車場が多くての5台ほどしかないので

あとは路駐になってしまうと思います

遠くから花火を見たい方にオススメですよ〜〜

スポンサードリンク

駐車場について

続いて、嬉野温泉花火大会の駐車場について調べてみました

会場周辺は大変混雑します

臨時駐車場として解放されている場所はこちら

・嬉野中学校

・嬉野小学校

・嬉野中央広場

・嬉野中央体育館(U-Spo)

・嬉野市役所 (嬉野庁舎)

・嬉野市公会堂

・旧嬉野医療センター

約1,500台用意されているようです

 

ですが、遅い時間帯から行くと

駐車場が混んでて止めれなかった・・

ということもあり

実際に私も友達と車の中で花火を見た苦い経験があります><

 

また、メイン会場のみゆき公園まで駐車場が遠い場合は

嬉野市各所より、嬉野市役所嬉野庁舎までの無料送迎バスも運行してます

詳しくはこちらをご覧ください

嬉野温泉花火大会 無料バス案内

混雑回避するには?

嬉野は交通面が不便な場所でもありますので

車で来る方が圧倒的に多いと思います

実際に、花火大会の時には嬉野市内はかなり渋滞しますし・・

混雑回避するには

早い時間帯から行く

ことをオススメします

 

また、駐車場に止めたけどメイン会場まで歩くのがキツイ

と思う方は通称「みゆき通り」とも呼ばれる

県道1号線沿いに屋台がずらっと並びますので

そこから農道の方に入って見られる方も以外と多いですよ〜〜

もちろん場所取りされていますが

あたりが真っ暗ですので花火も綺麗に見えますし

空いている場合には座って観覧することもできます^^

 

まとめ

いかがでしたか?

毎年8月11日に行われる「嬉野温泉夏まつり花火大会」

今年は日曜ということもあり

たくさんの方で賑わうでしょうね^^

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です